Schema.orgとは

Google、Yahoo!、Microsoftの一流3社が共同して開始した事業計画で、Schema.orgの仕様に従って HTMLをマークアップすることによってWeb検索エンジンに構成部品の詳細情報を伝えたり、リッチスニペットの表示に対応することが出来ます。

 

サンプルとしてGoogleで検索をした場合、通常はページのタイトルと全体が表示されるだけですが Schema.orgをセッティングしていてGoogleにその内容を理解していもらっていた場合、下図の色付けした部分のように 評価や価格帯、画像などを一緒に表示して、より見栄えの良い検索結果を提出することができると考えられます。

 

関連情報参照元はこちら

 

例えばGoogleで検索をした場合、ページのタイトルと概要が表示されるだけですが

 

Googleでの検索結果【通常の表示】

 

 

マイクロデータ:Schema.orgを設定していてGoogleにその内容を理解していもらっていた場合、下図の色付けした部分のように 評価や価格帯、画像などを一緒に表示して、よりリッチな検索結果を見せることができるようになります。

 

Googleでの検索結果【リッチスニペット適用の場合】

 

SEO上は、検索上位に有るサイトが有利なのは当然ではありますが、例え検索されたサイトが上位表示されていなくとも、上記のような表示に変えることによりクリック率をあげる可能性が出来ると考えられます。
ましてや、検索上位ページ内にあればなお更のこと。

 

Schema.orgを設定の詳細については、こちらからご確認ください。


おすすめツール サイトリライターならMSR 日本一のアフィリエイトスクール